今の時代、景気が良い業界と言えばIT系と言えますね。

一頃の不況の時代でも、このIT業界だけは何かと賑やかでしたね。これから就職しようとしている人の間でもIT系のの会社は人気があります。また実際に就業者数も多い業種が、SE、プログラマーです。もしも、あなたがこれからIT業界への転職を考えているのなら、こうした専門分野について知識を蓄えておいた方が良いでしょう。できれば専門的知識の他、実践した経験もあれば、この業界への転職は有利になることでしょう。ただし、IT業界と大まかに言っても、いろんな業種があるのです。すべての人がシステムエンジニアやプログラマーではありません。一般の企業と同じく、経理もあれば、人事もありますから、事務職での就職と言う形ももちろんあるのです。賑やかな業界、景気の良い業界への就職というのは、一握りの先端の花形な職種を言うのではないのです。IT業界への転職を考えていて、しかし、技術に自信がないという方でも、十分希望が持てるのです。こうした事務系のお仕事を希望すれば、あなたも業界人と言うわけです。ただ、業種として事務職や営業職を希望するにしても、やはりITの知識や、システムエンジニアなどの専門業務の経験などがあると、会社では大変重宝され、利用価値のある人間として認められることでしょう。例えば、専門知識や実務経験がある営業マンは、一般の営業マンより、仕事がしやすいことでしょう。現場を知らずにシステムを売るのは大変難しいことです。現場を知っている人から営業を受けると、お客さんの立場としては、大変スムーズに理解できるものです。このように、IT業界への転職は、もちろん他の業界からの転職もあるのですが、SEなどの経験を持っている人の、営業や事務職として転職するというケースも多い、と言えます。

IT業界と言っても、様々な業種があります。

IT業界というと、どうしてプログラマーやエンジニアなどのイメージが先行しますが、それだけで、業界、会社が成り立つ訳ではありません。それらの業種と合わせて、事務職やトレーナー職なども含めて周りの人がいて初めて成り立つのです。最近は、「ITトレーナー」という職種が不足しているので、転職しようとしている人におすすめです。これは、新しいシステムを導入してくれた会社などに、そのシステムの使い方を教えるという仕事です。何分新しいシステムですから、会社にとっても初めてですので、詳しい解説はもちろん、使い方、その会社で付きやすいように指導することが必要なのです。なかなか難しいことですので、開発したエンジニアが教えられれば、一番、良いのでしょうが、SEというのは開発がメインの仕事なのです。ですから、人にそれを教えるということは畑違いなのです。開発することと、人に教えることは全く違います。もちろん、技術的に優れているでしょうし、知識も豊富です。しかし、専門用語だけで話されても、聞いている人にはわかりにくいですし、説明を上手にするのは、また難しいものです。このように、エンジニア以外の職種は多いのもこの業界の特徴でしょうか。難しい故に、それを普及すべき人材が必要なです。エンジニアではないけれど、その新しいシステムを知っている、営業マンも必要ですし、システムの不具合などを受けつけ、電話などでサポートしたり、現場に駆けつけて教えたりする人材も必ず、必要になります。まだまだあります。説明書を作成する業務、マニュアル制作の業務など、文章力が必要となる業務もIT業界にはあるのです。IT業界へ転職の希望を持っているのならば、SEなどとして現場で一度、働いてから、知識と経験を蓄えて、周りのいろんな職種にチャレンジしてみましょう。

 

参考HP・・・【ITエンジニア求人・転職ガイド】エンジニア求人の上手な探し方は?

更新履歴