IT業界への転職を考えている人は多いです。

今の時代の最先端の業界というイメージが強いせいでしょうか。IT業界に入れば、収入も増えるんではないかという考えもあることでしょう。ITというイメージから、職種はエンジニアと決めてかかっている人が多いようです。しかし、ITといっても会社内だけでも、エンジニアのような現場の仕事だけでなく、必ず事務系のセクションがあります。エンジニアに憧れて応募したはいいが、まったく違う職種の求人だった、なんてことは多いようです。もう少し、ITの仕事を調べた上で、求人に応募しましょう。逆に、IT業界の中の事務職や営業職、または販売などを希望している人も、応募する求人がそのようなセクションのものかチェックした上で、応募したいところです。どちらにせよ、自分に合った職種へ応募しなければいけません。ITの技術をしっかりと身に付けたいと目標を持っている人、現場の仕事に就きたいと思っている人は次のような求人広告には注意してもらいたいです。実は派遣系の求人だからです。もしも採用されても、すぐに住所のある会社ではない、他のところへ配属される可能性があります。
○勤務地が都内とか、首都圏とか、大きなくくりで書かれていること。
○事務所や会社の写真が掲載されていない。
このような求人広告は、技術者の派遣系の可能性が高いです。
もしも派遣でも、大手企業の開発にかかわりたいという希望の人でしたら、それでいいでしょう。IT業界といってもいろんな会社が求人をだしていますから、焦らずに求人広告をしっかり吟味して、自分に合った会社に入り、希望の職種ができるようにしたいものです。

 

IT業界へ転職希望している方

IT業界へ転職希望している方は、自分がどんな職種をしたいのか、それに合わせた会社に応募することが大事になります。ITという表現は実は大まかなものであり、IT関連の会社全てを含みます。ですから、自分がしたい仕事をするために、気になる企業の求人広告をしっかりとチェックしましょう。ここで、IT関連の求人広告の見方を解説しましょう。
○SEなど職人としての業務を希望する人・・・言語、OS、フレームワーク、これらのことを細かく書いてある会社。これらのことが、細かく書いてあるほど、技術的指向が強い。
○他業界からの転身を目指す人・・・業務として、コンサルティング、ソリューションなどが書かれている企業。
シンクタンク的な会社であり、特に業界を絞り込んだ業務を行なっている会社で、その業界の経験があれば、ITが初めてでも、今までの経験が活かせるでしょう。十分転職できる可能性があります。
○営業職を目指す人・・・シンクタンク的な会社で探すといいでしょう。扱っているサービス、そして商品が多種多岐にわたります。つまり、売れそうなものを売る、これが基本の会社です。企業のものを企業へ売る、BtoB業務と思ってください。このような企業では、技術的なことは学べません。しかし、逆に言えば、現場の経験がなくても、営業経験があれば転職可能でしょう。
今挙げた職種や会社の他に、サービス指向である会社もチェックしたいところです。求人広告前面に、新しいサービスの立ち上げについて書かれている会社がこの部類のものです。新しいサービスの立ち上げですから、新規のプロジェクトに参加できますから、転職者で仕事を任せられるチャンスはあるでしょう。
IT業界の仕事はどこもハードです。会社を選ぶ際に、所謂ブラック企業のような雰囲気のところには入りたくないのは正直なところでしょう。しかし業界全体が、厳しさが当たり前という風潮です。しかし最近は、そのような雰囲気、変な常識や厳しすぎる業務内容に疑問を持ち、まったく違った社風にしようとがんばっている新しいIT企業が増えつつあります。ですから健全なIT企業に勤めたい方、またはプライベートも家庭も大事にしたいと思っている人は、そうした新しいタイプの企業を探すと良いでしょう。例えばママさん技術者の再就職を応援している会社もあります。そのような会社は子育てと両立できるような体勢が取られています。ブラックな企業ばかりではありません。時間をかけてじっくり求人広告を探してみましょう。