職場の独特の雰囲気、風潮、志向

IT業界に転職したいと考えている人はその職場の独特の雰囲気、風潮、志向なども知ることは重要です。日本の会社と言えば、一昔前ですと、ほとんどが所謂、終身雇用制度が確立されていました。一度、その会社に入れば、退職するまで、仕事を中心に、生活もでも、会社が面倒を見るのが当たり前の世界でした。昇進も実力というよりは、勤続年数により決まる風潮がありました。職場の雰囲気も正に家族、と言っていいでしょう。仕事以外のプライベートに関しても、関与して、仲間意識も強いものでした。このような昭和の日本の会社とは、全然違う職場が、IT業界と言えます。一言で表現するならば、実力主義です。そこには、年齢や勤続年数などは関係しない序列が存在します。成果主義とも言い換えられます。成果を上げるための組織作りがなされています。例えば、人が足りないところには派遣から人材を一時的に補充したり、時には別の会社の社員と、同じプロジェクトメンバーとして活動することもあるのです。その時々に立ち上げられるプロジェクトチームなども多く存在するなど、社員同士が深い関わりを持たないような企業も多いのが現状です。このように、今までと全く違う社風の中で、生きていく覚悟が必要です。逆にベテベタした人間関係が嫌いと言う人には向いているのでしょう。とにかく実力主義ですから、ITに関して、知識と経験が必要です。変な人間関係に悩むことなく、実力で生きていく覚悟も必要でしょう。このような業界に自分は相応しいと思う方は積極的に転職希望していきましょう。

IT業界へ転職したい方は、まず、IT業界を知ることからスタートしましょう。

そして知識と共に、現場の経験を積みたいものです。現場の仕事は楽ではありません。勤務時間も長く、徹夜で作業を行なうことも多いです。体力がないと務まりません。ですから、転職のための経験を積むのも、若い内にするべきでしょう。この業界への転職は、現場の経験がある方が、断然有利になりますから、若いうちに現場で仕事をどんどんすべきなのです。そうして、若い時の現場の経験を活かして、IT業界のいろんな職種に転職希望をすればいいのです。これが理想的な業界の転職方法でしょう。会社としても、例えば、現場を知らない営業マンよりも、現場を熟知した営業マンの方が必要です。特殊な世界ですから、全く知らない人が、システムを売り込んでいくことは大変です。事務関係の職種でも同じことが言えるでしょう。現場を知ってから、働くことが理想的と言えます。経営者としても、会社の一員として、現場を知った上で、働いてもらう方が、雇いやすいものです。SEとか、プログラマーなどは、年齢が上がると、身体を壊しかねません。先のことを早めに考えておく必要があるのではないでしょうか。先を見据えて、求人を探しても、実際のところは、一般の求人情報には乗らないケースが多いのです。この業界は特殊で、業界内での紹介など、内部だけで決まってしまうことが多いのです。ですから、将来的に他の業務を希望する方は、現場で働きながら、情報収集をしておくことが必要になってきます。現場で働いているうちに、一番大切な人脈を作っておくことが重要です。社内は勿論のこと、社外の人脈も作っておきたいものです。いざというときに大変助かります。このように、現場を知り、現場で働きながらコネクションを作り、将来の転職に備えることが大事なのです。